こじまるーム

DIY ねこ 50代で無職・就活とか 一人介護の思い出 とかいろいろ

両用トイレを水洗が付いた洋式トイレにDIYリフォーム

2014年9月

母屋に増築する形でキッチン・トイレ付の部屋が一つある

昔、母が10数年程、食堂をしていた建物で、なかなか商売がうまくいかず閉店した後にリフォームして、母と友人たち(時には私の)の社交所となっている

そこの両用トイレ(段差があるトイレ)を、洋式にして欲しいとの母からリクエス

確かに足元がふらつきやすくなっている母が使うには危険すぎる

だが、本格的なリフォームをやるのはお金掛かるし…ということで自分やることにした

「なにも、そんなに大げさに考えなくても、かぶせるだけの簡易洋式トイレのアタッチメントが6000円くらいで売ってるじゃない?」と思われる方も多いと思うが

簡易洋式トイレ 両用型

簡易洋式トイレ 両用型

そのかぶせた洋式部分、どうやって掃除する?

トイレの外からホースをひく? バケツに水をくんで流す? トイレクリックルで中を拭く?

どれも面倒だ 忙しい中、継続できる自信が無い

やはり、毎回ちゃんと水が流れた方が気持ちよくない?ということで、ネットで探してみつけたのが 「TOTOのスワレット」

本体と便座でamazonで26000円くらい

普段から母屋のウォシュレットは自分で交換していたので、この工事もそんな感じじゃないかなと予想して、洗浄管に取り付ける際に必要なパイプカッターとPシールを用意して施工に挑戦

しかーし、しょっぱなのトラブル

給水タンクの止水栓が緑青みたいなものでガチガチに固まっていて作業のために水を止めることができない! 無理やりやろうとすると壊してしまう可能性もある!

ここまでかー!( ;∀;)

と、思った時に、ウチは井戸水だったことを思い出し、庭にいって井戸の元栓を閉めたので無事作業ができた 発想の切り替えは大切だと実感した

緊張したのは洗浄管のつなぎだけで、特に難しく感じるところも無く、小一時間で完了

試運転中の写真、全然わからないと思うが、通常の便器のように縁から水が下に流れ落ちてる とりあえず成功 母にも喜んでもらえた

※前もって壁紙も貼って、床もクッションフロアーに張り替えました

まあ でも、神経質な方はすぐお気づきだと思うが、このトイレ、フレアースカートとか長めの上着とか、座った時に両脇の床面に触れそうなところが欠点

やはり、きちんと洋式トイレにリフォームできればそれに越したことはないです

和式→洋式トイレのリフォームは、家に介護認定を受けた要介護者がいる場合、介護リフォームの補助金が出る可能性があります(うちの場合はメインの洋式トイレがあるから無理だろうなと諦めました)

20万円(上限)の工事の場合、2万円の自己負担だけになります

事前にケアマネージャーさんに相談してみてください

工事をしてしまった後の申請はできませんから気をつけて!


シングル介護ランキング


セルフリフォームランキング