こじまるーム

DIY ねこ 50代で無職・就活とか 一人介護の思い出 とかいろいろ

DIY 新聞ストックBOX 木工教室で基本を教えてもらってきました

今まで、いろいろ大物DIYに挑戦してきましたが、実は我流

 

↓ 我流の数々
www.kojimarux.com

 

www.kojimarux.com

 ちゃんと基本を教えてもらおうと、元の職場の建築部が主催している木工教室に正規の参加費3000円を支払って参加してきました

 

10時半からの回は、私の他は社長のお母さまと妹さん

え?社内行事だった?と思いましたが、たまたまだったそうで、その後の時間はちゃんと一般のお客様がいらっしゃる予定だそうです

 

今日制作するのは新聞ストックBOX 

すでに寸法に切り出してある板を選びます

 

f:id:kojimarux:20190330144403j:plain

この時、なにも考えずに選んだんですが後の塗装の際、木目が横のものと縦のものが混在してるのがわかりまして

 

「選ぶときに気を付けてと一言いってくれないと!」と担当教官にクレームをつけたら「自己責任」と冷たく返されてしまったのは、私が「元・社員」だからゆえで、一般のお客様相手にはもう少し細かくサポートしてくれるはず…だよね?と信じています

 

 

えらんだ材料の切断面をヤスリでなめらかにします

いつもは材木の端材に紙ヤスリを巻きつけてやってますが

この専用具はロール状のヤスリをセットして使うタイプ

握りやすいし、使いやすい… 欲しくなりました

f:id:kojimarux:20190330144429j:plain

 

 

次は持ち手のところをくり抜く作業

R部分を鉛筆で下描きを描きます

f:id:kojimarux:20190330144444j:plain

 

板を固定できる”治具(じぐ)”にセットしてジグソーで切り出し

 

f:id:kojimarux:20190330144501j:plain

マキタのジグソー 

自分のはボッシュなんだけど、こっちにすればよかったかもとちょっと思う

単に他人のものの方が良く見える症候群?

 

マキタ(makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

マキタ(makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

 

 

冶具は今回の作業用に作成したそうですが

こうした前準備をきちんとしておけば、作業がやりやすくはかどるというのがわかったことは収穫!

f:id:kojimarux:20190330144549j:plain

それでもギザギザになってしまった場合は

ヤスリでなめらかにするついでに誤魔化します

f:id:kojimarux:20190330144522j:plain

 

せっかくなんで

ホールソーも使って穴開けてみることにしました

f:id:kojimarux:20190330144613j:plain

穴を開ける時は先ほどの冶具から外して

下に当て板を一枚置いて貫通させます

 

ちゃんと中心出してもらったのに、途中でずれまくってしまいました

というか、ぶっつけ本番しないよね普通?

f:id:kojimarux:20190330144725j:plain

 

ずれたのをなんとか誤魔化そうとしましたが、誤魔化しきれない惨状がこの通りです

ここまでやった後に、

「もしかして最初に穴を左右に開けて、それを直線でつなげて切ればよかったんじゃない?」と気づけたことで一歩前進しました

f:id:kojimarux:20190330145519j:plain

 

「内側 これでなめてみたら?」と見せられた初めてみる電気ヤスリ

 

リョービ(RYOBI) 電気やすり BY-1030 10×330mm 624900A

リョービ(RYOBI) 電気やすり BY-1030 10×330mm 624900A

 

 

試しに使ってみたら、ちょっと手がすべっただけでこのザマです

というか、ぶっつけ本番(以下略)

f:id:kojimarux:20190330145754j:plain

 

次は塗装

ワトコオイルをウエスで塗り込みます

木目がキレイに見えてきます(故にここで横目と縦目に気づく)

f:id:kojimarux:20190330145826j:plain

 

最終工程のビス止め

今まで、さんざん我流でやってきたけど一番指導して欲しかったのが

この インパクトドライバーの使い方です

 

がーっと突っ込みすぎてしまったり、ビスの頭を潰して(滑て)しまったり…

 

今回のビス打ちで気を付けるようにいわれたのが、回転速度

あまり速すぎず、ゆっくりとした速度を保って打ち込むこと

 

回転速度は引き金型のスイッチの押し込み具合で調整します

これが案外難しい 気を抜くとすぐに「ガー」っといきそうになるのを落ち着いて落ち着いて打ち込みます

素人用に低速固定スイッチがあればいいのに…と思いながら作業しました

f:id:kojimarux:20190330145857j:plain

今回は12ミリの合板に2ミリ頭のビスを打ちました

斜めに突き抜けることは無かったのですが、若干斜めに入ってしまって側面が膨らんでしまった箇所もありました

 

一回ビスが斜めに入ってしまって道ができてしまうと、そこに真っすぐに打ち直すことができないので、普段はとなりにもう一度打ち直しますが、失敗穴が残るのが痛い

 

今回は ちょっとしたリカバリーの方法を教えてもらいました

 とりあえず斜めに打ったビスを抜く

 ビスの先(側面を膨らませている部分)を切る

 同じ場所に打ちなおす

これで膨らみが無くなりました

強度的には落ちるので、他の場所がしっかり止められていて、そこが弱くても大丈夫そうな時のみです

 

なんとか新聞ストックBOXが完成!

f:id:kojimarux:20190330150003j:plain

おしゃべりしながら2時間弱の時間でしたが、いろいろと勉強になりました

 

また、次の木工教室にも参加して勉強したいと思います