こじまる 詰んでる日々ブログ

DIY  50代で無職・就活とか 昔語りとか いろいろ

土岐頼芸と龍ケ崎の土岐氏

麒麟がくる」に美濃国守護大名土岐氏が登場しますが、そういえば私の地元、龍ケ崎も元・土岐氏領だったなあー

うちのお寺(大統寺)に土岐の殿様のお墓あったし…

f:id:kojimarux:20190318210230j:plain

と、調べてみましたら、

頼芸の弟の治頼が常陸国江戸崎土岐氏の養子に迎えられ、その治頼の孫が竜ヶ崎城主だった土岐胤倫になるみたいです

頼芸の大甥(甥の子ども)にあたるんですね

意外に近い血筋なんでびっくりしました

f:id:kojimarux:20200203101848j:plain

 

頼芸は美濃を追われた後、治頼がいる江戸崎(現・稲敷市に一時寄寓し、この時治頼に嫡流系図や家宝を譲り渡したといわれてます

 

 

江戸崎と龍ケ崎土岐氏は、秀吉の関東攻めの際に北条方に付いたため、改易になりました

 

胤倫の子は、後に紀州頼宜の家臣として大坂攻めに加わり、その子孫は吉宗が将軍になった際、召しだされて幕臣となったとか

 

江戸時代になると、龍ケ崎は伊達氏の仙台領(仙台藩常陸国龍ケ崎領)になります